ポリシー

当サイトは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、個人を特定する情報を除いた当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報のみを使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。

生理予定日から

妊娠検査薬は生理予定日から1週間遅れた位で
判定が可能になります。


妊娠検査薬の判定は生理予定日が遅れて1週間から判定できますが、
もしかしたら、排卵が遅れている場合もありますね。
そうした場合、生理予定日がずれている可能性がありますから、
妊娠検査薬の判定がしっかりと出る時期は、
生理予定日から遅れること2週間位の時期に行えば、はっきりと
すると思います。


妊娠検査薬を実行する場合、生理予定日がいつも順調な方は、
生理予定日から1週間で十分に判定がつくと思われますが、
生理が不順な方の場合、排卵後に形成される応対の寿命が
個人差なく約14日から16日、または、12日から14日ですので、
排卵が1週間遅れれば、月経周期が35日として計算してみてください。


妊娠検査薬は、生理予定日よりももし基礎体温などをつけていれば
排卵日もある程度推測できますから、その日から3週間後に
検査をすることではっきりとした結果が出るでしょう。


生理予定日が遅れて妊娠かもしれないという場合に行う妊娠検査薬ですが、
なるべく「嬉しい」気持ちで妊娠を受け入れたいですよね。
妊娠検査薬を使う誰かが、できれば「わくわく」した気持ちで
検査してほしいな・・と願います。


妊娠検査薬は、生理予定日が遅れれば最近では、医師に見せるより先に
検査するキットですよね。生理予定日というものは、環境に応じて
変化してしまうものですから、陽性となっても陰性となっても、
必ず医師の診断を早めに受けましょうね。それが、あなたの体を守ります。

妊娠検査薬の反応・・・

妊娠検査薬の反応。望んでいる妊娠の場合は、
「陽性よ! 出てください!! 」と切実に願うでしょうし、
予想外の妊娠、準備が整っていない、困った妊娠の場合は、
「陰性がでてくれなきゃ困る!!! 」


妊娠検査薬の反応は、どういった環境にいる女性でも
どきどき・・思わず妊娠検査薬の反応を凝視!! してしまう
ものですよね。


妊娠検査薬の反応は、そのメーカーによって違います。
妊娠検査薬に二つの窓があるもの、
妊娠検査薬の窓は一つでその中に終了と判定があるもの。
様々な反応に作られていますが、反応によっての診断は、
「陽性」「陰性」、二つに一つです。


妊娠検査薬の反応
二つ窓がある場合は、一つが妊娠判定用。もう一つは、妊娠判定が
終了しましたという終了窓となっています。
妊娠判定終了窓に青い線や赤紫の線が現れれば、
検査終了。もう一つの妊娠判定窓に青い線、赤紫の線が現れていれば、
「陽性」。現れていなければ、「陰性」つまり妊娠していません。


妊娠検査薬の反応
一つ窓の場合は、その窓に妊娠判定と終了が一緒に出ます。
メーカーさんによって違いはありますが、
例として、その窓に線が縦一本なら「陰性」
窓に縦・横、つまりプラスのような判定が出たら、「陽性」
妊娠しています。このようなタイプもあります。


妊娠検査薬の反応は、メーカーによってそれぞれです。
私用説明書をよく読んで使用することが大切です。
大抵の場合、生理予定日が1週間遅れたくらいの時期に
判定可能となっています。

妊娠検査薬が陽性だったら・・

妊娠検査薬が陽性、これは、妊娠しているということを表します。
男性や妊娠していない女性からは、妊娠検査薬の検査対象となる
尿のhCGが感度以下となるはずです。ですから、このような方が
検査をした場合、妊娠していない、つまり陰性となります。


妊娠検査薬は、尿を検体として検査をするものです。
妊娠検査薬の正式名称
「hCG=ヒト絨毛性ゴナドトロビン(ヒト絨毛性性腺刺激ホルモン)検出用キット」
これを見てもわかるように、尿中のhCGを検出した場合、妊娠している、
つまり、妊娠反応が陽性である、という検査結果を出すのです。


妊娠検査薬でこのhCGが検出された、すなわち、妊娠検査薬が
陽性であった方は、妊娠しているといっていいと思います。ですが、
一部の例外があるので、妊娠検査薬が陽性と出ても、
必ず医師のもとは、早めに受信する事が必要ですよ。


妊娠検査薬で陽性であっても必ずしも「正常妊娠」であるという
ことにはなりません。あくまでも妊娠検査薬で陽性というだけで
あって、妊娠の状態はわからないのです。


例として、子宮外妊娠や流産を起こしている場合でも、
妊娠検査薬では陽性という判断です。
妊娠検査薬では、こういった疾患に関しての診断は出来ないのです。


ですから、妊娠検査薬で陽性となっても、
医師の下で超音波検査などで、総合的に正常妊娠の
判断を受ける事が必要ですね。


嬉しい妊娠であっても予想外の妊娠であっても、
妊娠検査薬によって、一つの命が確認されたということには
なりません。女性の体を守る意味でも、
必ず医師の診断を受けましょうね。

妊娠検査薬が陰性でも・・

妊娠検査薬を試して陰性だった・・・その後、生理が順調に
訪れれば、妊娠はしていなかったといえるでしょう。
ですが、もし陰性でも生理がその後こない・・
来てもいつもと違う? と思う場合は、病院へ必ず行きましょう。


妊娠検査薬で陰性が出るという事は、尿の中のhCG濃度が
妊娠検査薬の感度以下ということです。
生理不順、遅れるという事があっても、排卵日が不明・・いつも
生理不順という方の場合は、必ずしも妊娠していないということには
なりません。


もし、妊娠検査薬の検査を行った日がhCG濃度の上昇しない前だとしたら、
生理がその後もこないという状況となります。排卵が遅れている場合、最初に
妊娠検査薬が陰性でもその後再度行った場合に、陽性になる場合はかなり
あります。


妊娠検査薬でも生理がいつも定期的で、順調な方でしたら、
月経の開始から排卵までが14日目になりますが、不順な方は、
14日以降となる場合もあります。


排卵が起こって受精が成立するので、排卵が遅れた場合、妊娠反応は
後で陽性になるのですね。ですから、妊娠検査薬で検査をする場合、
一番はっきりと出るのが、思い当たる日から2〜3週間過ぎた時点で
妊娠反応がはっきりと出るはずです。


妊娠検査薬は、最近では100%に近い検査になっていますが、
それでも100%ではないのです。妊娠があやふや・・
もし、陽性となったらもちろんですが、陰性の場合でも、
さらに生理が遅れた場合、必ず医師の診断を受けるべきですね。

妊娠検査薬ってどんなもの?

妊娠検査薬、私が若いころにはこんな便利なものはなかったのですが、
最近では、妊娠したかな? という最初に、病院へ行く前に必ず試す
ものとして定着しているかな? というものですね。


妊娠検査薬は、いろいろな医薬品メーカーから発売されています。
妊娠検査薬の判定は非常に高いものですが、100%の診断とはいきません。
また、子宮外妊娠といった異常妊娠についての診断はつかないものですから、
妊娠検査薬で判定した後は、必ず病院へ行きましょう。


妊娠検査薬は、妊娠検査薬に尿をかけることで、大抵1分から3分で
陰性か陽性かの判断ができます。整理が遅れている・・? というときに
使用しますが、遅れてから1週間程度過ぎれば検査が可能になります。


妊娠検査薬はとても簡単です。妊娠検査薬に尿をかけ、1分ほど待つ。
メーカーや商品にもよりますが、判定窓という部分が二つあり、
ひとつは、妊娠そのものの判定。もうひとつの窓は、検査終了のライン。
1分後に検査終了のラインがでたら、もうひとつの窓に、
赤紫のラインが出ていれば陽性。妊娠しています。


妊娠検査薬の判定窓に、赤紫の薄いラインが出ていても陽性です。
妊娠していない場合は、ラインは出ません。また、メーカーによっては、
青いラインが1本なら(終了ライン)陰性。
青いラインがプラスや二重に出たら陽性という場合もあります。


妊娠検査薬は現在では、99.9%の判定が可能といわれていますが、
やはり病院での診断が絶対に必要です。何かほかの病気が隠されている
場合もあるからです。妊娠検査薬で陰性となった場合でも、
生理が遅れているようなら、再検査をするか、病院へ行きましょう。